ライン疲れ?片思いの彼とのLINEで考えすぎてない?

ライン疲れ?片思いの彼とのLINEで考えすぎてない?

片思いの彼とのLINEで、考えすぎなこと

これまでは電話やメールが恋愛をする時に使われていましたが、LINEの普及により気になる相手にもLINEでアプローチするという
人が増えてきました。
しかし気になる彼だからこそ、考えすぎてなかなかLINEが送れないという場合もあります。
考えすぎていないかチェックして、もっと気楽に送りましょう。

 

1.文面を深読みしてしまう

気になる相手からLINEが送られてきたら、その内容がとても気になりますよね。
例えば「明日早いから早く寝るわ。おやすみ」と送られてきて、「私とのLINEがつまらないから、切り上げるために
言っているのかな」など考えだすときりがありません。
内容は深読みしないようにしましょう。

 

2.すぐに返事しない

彼からのLINEが来て、本当はすぐに返事できる状況にあっても「すぐに返事をしたら、暇だとか思われるかも」と
思って即読にしておき、時間をあけてから返事をするという人がいます。
しかしこれは考え過ぎです。

 

即読になってからなかなか返事がないと、彼の方は自分の優先順位が低いのかなと不安にもなりますし、逆効果の場合が
あります。
返事できる環境ならば、すぐに返事をしましょう。

 

3.絵文字やスタンプで悩む

彼に可愛らしさをアピールするために絵文字やスタンプは使いたい、でもやり過ぎると引かれるかもなど考えて
なかなか送れない場合があります。
しかし彼の方としては、そんなに細かなところまで気にしていないことも多いです。
もっとさらっと送るようにしましょう。

 

4.素っ気ない内容に怯える

彼から送られてきたLINEに絵文字が使われていなかったり、「そうだよね、わかる」などの短い文章だと
怒っているのかななど考えてしまうことがあります。

 

しかし男性はLINEで絵文字などを使わないという人もいますので、女性の友達と同じ様に考えていてはいけません。

 

おわりに

いかがでしたか。
考えすぎるとしんどくなりますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ