嫌いかも?苦手な上司と仲良くする方法とは?

苦手な男性上司。もしかしたらこれこそご縁かも? 仲良くなれるコツ

会社の上司や先輩で、近寄るのも恐い雰囲気だけれど、なんとなく気になってしまう独身男性はいませんか。
もしかしたらそれは苦手なタイプなのではなくて、あなたが意識してしまっているのかも知れません。
この際頑張って親しくなることで、思いがけず恋愛関係に発展する可能性もあるのです。

 

1.苦手な原因を書き出してみよう

 

彼が苦手な原因はなんだか分かっていますか?
「見た目」「雰囲気」「話し方」「視線」書き出してみて、彼の性格に関係のないことや、あなたに直接被害がないのであれば、必要以上に敬遠する必要はないのです。
「私は何も悪いことをしていないのだから、恐がることはない」そう思うようにしましょう。

 

2.言いたいことを下書きしておこう

 

彼に仕事の質問や報告があったら、箇条書きにしてメモにまともえておきましょう。
仕事をする上でメモを取るということは大切なことです。
彼もあなたが効率よく仕事をこなしていることが分かれば、認めてくれるようになるでしょう。
その内に「いつもしっかりとメモしてるね」と声をかけてくれるかも知れません。

 

3.彼と親しい女性を味方につける

 

先輩女性で彼と親しく話せる人がいたら、親しくなっておきましょう。
「○○さん、部下いじめちゃ駄目だよ〜」など助けてくれるかも知れません。
その時にあなたは「大丈夫ですよ、○○課長はとっても優しいんです!」と言ってあげて、彼がどんな表情をするか見てみましょう。

 

4.質問をしてみる

 

仕事の時間外ではちょっとしたコミュニケーションを取ることは良いこととされています。
朝一番や帰り際に、上司に「好きな芸能人とかいるんですか?」「子供の頃は何になりたかったんですか?」など、話題が広がり易い質問をしてみましょう。

 

終わりに

 

「苦手だと思っていた人ほど後から親しくなれる」というのは本当のことです。
あなたの場合も「ひょうたんから駒」で、より上司と親密になれるかも知れません。

ホーム RSS購読 サイトマップ